サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2008.2.1 [ 第3回 ]
吉田的勉強法公開

最近、電車で受験生らしい若者を見かけることが多いです。
先日センター試験がありましたが、まさに受験シーズン本番ですね。
何の応援も出来ませんが、受験生諸君、体調維持には気をつけて、実力を培ってきた人は実力通りに、実力を十分培えなかった人は実力以上のものが出るようにがんばってください。
良い結果が出ることを祈ってます。
私も20年ほど前にセンター試験や受験を体験した口なので、当時を思い出すと懐かしさに包まれます。
そんな学生時代を思い出して、私の勉強法を公開したいと思います。一夜漬けや最終追い込みには効果が薄いので、来年度以降の受験生の皆さんの参考になればと思います。
基本的に勉強そのものは嫌いだった私です。
その上、私は字を書く時、妙に腕や肩に力が入って疲れるので、板書をノートすることが大嫌いでした。当時(今も?)の私は、かなりおちゃらけた生徒でして、先生のモノマネをし、友人を笑わせることを楽しみにしていました。
なので、ターゲットの先生の授業中は少しでもそのネタを得ようと、必死になって授業を聞いていました。そして、休み時間に早速披露する訳です。
担任の先生方には申し訳ないですが、この勉強法(?)は特に暗記物には効果絶大でした。先生の表情と口調で覚えているんですよ。不思議と。
ここまで書いて読み返してみると、真剣に勉強をされている方々には気分を害する失礼なコラムになったかもしれません。
ただ、モノマネは別として、勉強も仕事も、少しでも楽しめる工夫や考え方をすることは、きっと良い結果に繋がると思いますから、心がけてみては如何でしょうか。
私は、根が楽天的な性格ではありますが、それに加えて「どんなことでも楽しめる要素がある」と、意識的に考えるようにしているのも事実です。
やはり「遊び心」ってのは時に必要ですよね。
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回