サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2009.1.5 [ 第25回 ]
お正月の心

あけましておめでとうございます。
7期目を迎えた今年もサイファー・テック株式会社の存在意義を全社員で考え、そして表現していきたいと思います。本年も当社をお引き立て下さいますようお願い申し上げます。
さて年末年始の私はと言えば、普段掃除機を触ることさえ無いにも関わらず思いつきで始めた拭き掃除に必要以上に夢中になってしまい、「そんな薄着で水仕事してたら風邪ひくよ。」という妻の予想を見事に的中させ、お正月を寝たきりで過ごすという冴えないスタートとなりました。(宝くじは的中しないのにこういう予言はどうしてこうも的中するのかしら?)
しかしおかげで十分な骨休めと天井を見つめながらじっくりと考える時間を得ました。
家族は私の快方を願ってくれ、届く年賀状は互いの幸せを祈り、初詣では家族の平和を頼み、皇族の方たちは元旦より休むことなく国民の幸せを願い、各地では寒中水泳で厄をはらい・・・。毎年繰り返される平凡な風景かもしれませんが、みんな精神的な世界で世の幸せを願っている。この国は良い国だなとしみじみと思いました。
これまでの経済上の概念では2009年は本当に苦しい一年かも知れませんが、お正月の心のように自らを取り巻く人達の幸せをみんなが心がければ、きっときっと良い一年になるでは無いでしょうか。
私も日々を楽しみつつ懸命に進んでいきたいと思います。本年も何卒よろしくお願いいたします。
■ 第251回〜第300回
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回