サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2011.2.15[ 第76回 ]
すごいぞ日本!

2011年のバレンタインデーに二つのニュース。
【ニュースその1】:GDP世界2位から3位に転落!
少なくとも私は経済規模や資産額の大小で特定の国や個人を尊敬したことは一度たりともございません。
その点で、明日からの私の在り方にも生き方にも一切の影響を与えないお話でございます。
もちろん斜陽の国みたいにこの国を悲観する必要など一切ございません。
【ニュースその2】:日本人4人がグラミー賞を受賞!
明日からまたがんばろうと思えるビックニュースでございます。
ポップスにピアノにジャズに琴演奏だって言うじゃないですか。
少し古いですがその幅広さ「どんだけ〜!?」でございます。
先のはやぶさの帰還もそう。ノーベル賞の受賞もそう。そしてこのグラミー賞だって。
夢やロマンへの挑戦、豊かな文化、そして豊かな心で尊敬される国でいいじゃないか。
「すごいぞ日本!」です。
受賞者の上原ひろみさんがインタビューに答えていました。
「この賞に値するよう、これからも地に足付けて毎日コツコツとやっていきたい。」
そうなんだ。
私たちはGDPが2位だろうが3位だろうが今やっていることが評価されようがされまいが、他人の描いた絵空事にうつつをぬかさず、ときに評価されても決して傲らず、地に足付けて自分に与えられたことをコツコツと。
■ 第251回〜第300回
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回