サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2013.5.15[ 第130回 ]
選択できない幸せ

「実力があれば仕事や生き方が選べる。」
「お金があれば好きなものを食べられる。」
多くの人が目指しているように思いますし、私自身 そんな“自由な選択”をできる能力と経済力を持ちたいと願い生きてきました。“勝ち取ることの格好良さ”を信じて生きてきました。
美波Labへの出張滞在時、ご近所さんたちとお酒をご一緒するのが楽しみになっていますが、そこで地元の皆さんから
「農家の長男だから田んぼ続けないと。」
「昨夜の食卓、調味料以外は全て貰った食材だった。」
「この時期はアオリイカが大漁だから、イカばっかり食べている。」
と言うようなお話しをよく伺います。
「好きなものが食べられない。」と自虐的に話す際の笑顔がなんだか素敵です。
先祖や知人や季節や自然や神様。
他者から与えられた恵の中で生きていく。
この世には“自由な選択による幸せ”がある一方で“選択できない幸せ”もあるようです。
しかし“選択できない幸せ”が多い人ほど「ありがとう」の言葉が多いように思う今日この頃です。
■ 第251回〜第300回
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回