サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2015.12.1[ 第191回 ]
ぞろ目

33に111に8888。
“ぞろ目”を見つけただけで得した気分になれる私です。
さて、8歳になる娘。私と過ごすのが好きなようで残務処理の週末のオフィスにもついてきたがります。
 父:「オフィスについてきてもきっと退屈するよ。」
 娘:「いや。絶対についていく。」
 父:「何も良いこと無いと思うけど?」
 娘:「一緒に居ると、得した気分になれるんだよ。」
 父:「父ちゃんと居ると、得するの?」
  娘:「得するんじゃ無くて、得した気分になれるの。」
   「たぶん、お父ちゃんの周りの人もそう思ってるんじゃない。」
得をさせる男ではなく、得した気分にさせる男。
これは褒め言葉なのか?
いや、それとも・・・。
子どもの言葉は、何かを見透かしているようで気に掛かるものでございます。
その男、先日誕生日を向かえました。
44才、得した気分の“ぞろ目”の歳。
“気分”だけじゃない男になれる1年にしたいものでございます。
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回