Entertainment
一覧ページ

楽曲配信のAndroid対応を可能にしたCypherGuard

ガラケーからスマホへ。
楽曲配信サービスのAndroid対応をマルチプラットフォーム対応DRMの
「CypherGuard SDK」が支援


このケースの課題だったポイントは?

急激に進む携帯のスマートフォン化に伴い、早期のAndroid対応に迫られたお客様の課題となったのがDRM。キャリア主導でDRM技術が提供されていたフィーチャーフォン上とは異なり、スマートフォン上ではDRMの独自実現が必要でした。

ソリューションの内容は?

スマートフォン上でも利用可能なマルチプラットフォーム対応のDRM技術「CypherGuard SDK」。音声ファイルに対する強力な暗号化とユーザ認証機能により楽曲データの不正利用を防止します。またスマホアプリに組込開発が可能なSDK形態での提供により、サービス独自のアプリ構築が可能になります。

成果は?

プラットフォーム変更に伴うユーザ減少を避けるため、早期のAndroid対応に迫られたお客様でしたが、独自アプリへの組込が可能なAndroid版「CypherGuard SDK」とASP提供されるインフラ構築が不要な認証サービスにより、高度なDRM機能を有するAndroid向け配信サービスを低コストかつスピーディーに構築することができました。
また、CypherGuardの柔軟なライセンス管理システムは、楽曲配信サービス特有のペイパービュー課金と月額課金が併存するビジネスモデルにも対応、フィーチャーフォン向けと同様のサービスをAndroid上でも容易に実現することができました。


使用したDRM製品とその設定

PDF 電子書籍 動画 音声・音楽 ソフトウェア 閲覧制限 期間制限 キャプチャー防止