ファイル暗号化で組織内部からの情報漏えい対策!「CypherGuard」シリーズ

情報漏えいのリスクに立ち向かう
顧客情報をはじめとした個人情報、社内文書や各種マニュアルなど企業内ではさまざまな機密情報を扱います。
社外への漏えいを防がなければいけないデジタルデータを安全に取り扱うために「CypherGuard」シリーズがお役にたちます。
IRM*1 のソリューションである「CypherGuard」はデジタルデータを暗号化し、閲覧制限・期間制限・キャプチャ防止などのセキュリティ技術を駆使して、重要な情報の流出を防ぎます。
(*1) IRM(Information Rights Management)
さらに詳しく

安心・安全を加えます。

「CypherGuard」はセキュリティを実現する多くの技術を組み合わせ情報流出を防ぐための仕組みを提供します。
  • ファイルに強固な暗号化を施し不正コピーを防止します。
  • ネットワーク認証によるライセンス管理機能を用いて、特定の人が決められた期間のみ閲覧するなど柔軟性のあるアクセスコントロールが可能です。
  • キャプチャソフトや遠隔操作ソフトを用いた画面複製に対応するため、キャプチャ防止機能を提供します。
これらの機能を駆使し、お客様の情報セキュリティに対するリスクマネジメント戦略を強力にサポートします。

「CypherGuard」を利用すると、さまざまなケースでお客様がおもちの大切なデータを安全に扱うことができるようになります。
  • 大きな社会問題にもなっている標的型攻撃により万一機密ファイルが外部に漏えいすることがあっても、ファイル自体が暗号化されているため秘匿すべき情報は守られます。
  • 企業情報の漏えいでは組織内部からの不正行為による漏えいが頻発していますが、ファイルの暗号化に加え画面複製も防止することでデータの複製を困難にし情報の拡散を防ぎます。
  • 他の事業所やパートナー企業にファイルを共有する際にインターネットを経由することが増えています。ファイルが暗号化されていることでインターネットを利用しても安全にファイルを共有することができます。

簡単に使えます。

  • おもちのファイルを共有前に暗号化します。
  • インターネットや社内ネットワーク、メール等を通して、閲覧者は暗号化されたファイルを入手します。
  • 最初の閲覧時にID・パスワード等の認証に必要な情報を入力します。
  • 2度目の閲覧からは認証情報の入力は不要です。
  • 認証は弊社で管理する ASP サーバに対して行います。ライセンス認証用のサーバをお客様で管理いただく必要はありません。
  • 認証が通ると閲覧できるようになります。閲覧には弊社のビューア製品を利用したり独自のアプリケーションをご利用いただくこともできます。
  • 認証時に端末と認証情報を結びつけます。認証を行った端末でのみ閲覧が可能となります。

ここが違います。

  • 2003年の創業以来一貫して DRM 開発に取り組み培ってきたノウハウと経験
  • 世界的メーカー、インフラ事業者等数多くのお客様から採用されている実績
  • ファイルを手元の端末に保存し閲覧するソリューションのため、ネットがつながらない環境でも閲覧することが可能
  • Windows / Mac / iOS / Android と様々なプラットフォームに対応
  • 専用のビューアだけでなく DRM を実現する開発キット( SDK )も用意しているので、おもちのアプリケーションに組み込んでの利用も可能
  • 自社独自開発のため、お客様のご要望に応じた柔軟な対応が可能

CypherGuard 製品のご案内