ラボの住人

住吉 二郎
出身:埼玉県戸田市
年齢:30代
赴任パターン:Iターン
業務:DRM製品の開発・保守
趣味:サーフィン
住吉二郎

仕事と趣味が両立できる、自然豊かな環境に魅かれて

美波へ移住しようと思ったきっかけは何だったのですか?

生まれも育ちも埼玉県であり、これまでは東京都内のIT企業でソフトウェア開発に携わっていました。一方でサーフィンが好きなこともあって、以前から都会よりも田舎の海沿いで暮らすことに魅力を感じており、移住先を検討していたところ、美波Lab設立をニュースで知り、美波町と当社に興味を持ちまして応募いたしました。

移住の決め手は何だったのですか?

はじめて美波町に訪れた際に、ご紹介いただいたローカルサーファーに親切に接していただき安心できたこと、そしてなにより美波町の“海”の美しさに魅かれ、移住を決めました。

移住するにあたって、周りの反応はいかがでしたか?

「サーフィンが好きだから」という理由で全国各地の海沿いに移住するサーファーは珍しくありませんが、美波町の土地柄があまり知られていないこともあり、私の周囲はやはり驚いていました。

両親も初めは驚いていましたが「自由にやりなさい」と後押ししてくれました。両親は香川県出身なので、四国への移住も理解していただけたのかと思います。

実際に美波に移住されてみて、いかがですか?

東京で働いていた頃は、毎日往復2~3時間かけて満員電車で通勤していましたが、美波町ではその時間をサーフィンに充てるなど、仕事と趣味が両立できる環境にとても満足しています。

またサーフィンだけではなく、地元のお祭りや阿波踊り、飲み会などさまざまなイベントや地域活動に声をかけていただき、充実した日々が過ごせています。

美波の良さは何だと思いますか?

美波町は海だけでなく、海・山・川すべてがコンパクトにまとまっており、その街並みがとても素敵だと思います。お遍路さんの霊場でもある薬王寺から見た景色が象徴的かなと思います。そんな自然に育まれた食べ物が美味しいのも魅力ですね。

そしてなにより人が温かいのが一番です。移住するまでは町に溶け込めるかどうかとても不安でしたが、地元の方々からたくさん声をかけていただき、町人として受け入れてくれていることに大変感謝しています。

有難うございました。


お気に入りの風景(日和佐八幡神社秋祭り)

採用情報