ラボの住人

吉田 基晴
出身:徳島県美波町
年齢:40代
赴任パターン:半移住(東京と美波町)
業務:企業経営
趣味:釣り、アウトドア
吉田基晴

地元、美波町にLabを設立

美波Labを開設したきっかけは?

釣りにキャンプに農業・・・。自然と触れる遊びが大好きな私ですが、都会での暮らしはこうしたものとの距離があり日常的に楽しむことが難しかった。

一方、職住に加え海山川の自然に近接する美波町であれば、趣味や楽しみと仕事が平日でも両立できるので、そんな働き方のできる場所を創りたいと思ったのがきっかけですね。


所有している漁船の名前は
阿武能丸(あぶのーまる)です(笑)

美波Labの開設後の反響はいかがですか?

面白いワークスタイルを提供している会社があるということで、テレビや新聞、サーフィン雑誌やアウトドア雑誌などでも取り上げていただいたこともあり、面白い仲間が集まってきてくれました。お陰様で社員数は美波Lab開設前の3倍近くになっています。

現在はどのような生活をされていますか?

月の半分は東京、半分は美波という感じで行ったり来たりしています。
都会と地方、それぞれの魅力が常に味わえるのでとても楽しんでいます。

美波の良さは何だと思いますか?

海・山・川しかもそれぞれ極上のスポットが近接していることでしょうか。
例えばですが、朝は山岳渓流で釣りをしてお昼はサーフィンを楽しみ、そして夕方は太平洋で船釣り。こんなことが簡単にできてしまうのですからね。
そしてあたたかい人間関係。
お酒をご一緒したり、お祭りなどの地域活動に参加させていただいたりする中で、農家さんからは山のこと、そして漁師さんからは海のことと、自然や仕事の考え方を教えて貰っています。ビジネススクールやセミナーに通うよりもたくさんのことを学びますね。
遊びの面でも学びの面でも最高の環境だと思います。

最後に未来の美波Labメンバーにメッセージをお願いします。

私は将来社内自給率100%の会社を目指していますから、美波Lab米と蜜蜂の世話、どうぞよろしくお願いいたします(笑)

有難うございました。


美波Labで採れたお米はお世話になっている人に配ります。 地域住民とのコミュニケーションが美波Labの一番のメリット

採用情報