【57番札所】稲から稲を育てる(3)

こんにちは。托鉢僧・安田です。

半年以上前のお話になりますが、美波Lab的なワークスタイルを実践するため、発芽玄米から稲を育てる挑戦をしました。その結果がどうなったかを報告していませんでしたので、今回お話しようと思います。 “【57番札所】稲から稲を育てる(3)” の続きを読む

【56番札所】日本一美味しい鍋焼きうどんを食べに行く(2)

こんにちは。托鉢僧・安田です。

前回の記事では、至高の鍋焼きうどんを求めて鍋割山山頂付近まで山行した様子をお伝えしました。

【55番札所】日本一美味しい鍋焼きうどんを食べに行く(1) | 安田の托鉢コラム
こんにちは。托鉢僧・安田です。 12月に入りました。こんな寒い時期に食べたくなるのが鍋料理です。 今回は、日本一美味しい鍋焼きうどんを食べに丹沢で修行を行ってきました。丹沢といえば、首都圏からのアクセスが良く毎年20万人を超える山行者が集まる神奈川県人気の山地ですが、この丹沢・鍋割山の山頂に至極の鍋焼きうどんを出す山小屋があるそうなのです。 朝8時。小田急線新松田駅。 駅はすでに山行者で賑わっています。 毎年夏に修行を行っている富士山も綺麗に見えます。 ※以前の富士修行の記事は以下 https://www.cyphertec.co.jp/takuhatsu/?p=153 https://www.cyphertec.co.jp/takuhatsu/?p=986 ここからバスで30分程かけて、登山口のある寄まで向かいます。寄の読みは「やどりき」。知らなければ読めない難読地名。 寄バス停 ちょうど9時を回ったところで、登山開始。 今回はこの寄から「櫟(くぬぎ)山」’「鍋割山」’「塔ノ岳」を続けて登った後、丹沢への入口としてターミナル的機能を果たす大倉バス停まで下りてくるコースを予定しています。 茶畑を登っていきます。 赤・黄・緑のコントラストが美しい 舗装路を脇に逸れ林道を進みます。 獣除けの柵 10時過ぎ、最初のチェックポイントである櫟山に到着します。 櫟山(810m)山頂 櫟山山頂はあまり頂上という感じはなく、ススキが生い茂る平たい丘の上のようなイメージです。一息ついたらすぐに鍋割山に向けて出発します。 オレンジ色の服を着た猟師の方もちらほら見かけます。このあたりではシカが多く出るとのことで、この日は集団で狩りを行っていました。ちなみに托鉢僧も以前イノシシ狩りに参加させてもらったことがあります。 【参考】2013.12.2|イイネ安田の『FB 1,000いいね!』獲得記 上の地点は後沢乗越(うしろざわのっこし)と呼ばれる付近。このあたりは登山道の要所ということもあり、少し渋滞が発生していました。 鍋割山まであと0.8km。登りの800mといえば全然あと一息ではなく「あと三息」くらいのイメージです。気を引き締めて登ります。 晴れたり曇ったり&& ファイナルアプローチの段階です。 12時手前&&ついに山頂が姿を現しました! 後編へと続きます。

今回はその続きになります。 “【56番札所】日本一美味しい鍋焼きうどんを食べに行く(2)” の続きを読む