【72番札所】世界一電車に近いレストランに行ってきた

Pocket

こんにちは。托鉢僧・安田です。

このたび御茶ノ水に世界一電車に近いレストランがあるとの噂を聞きつけたので早速行ってきました。

そのお店があるのは、中央線の御茶ノ水と神田の間にかつて存在した旧万世橋駅内。駅舎を改良して作られたJR東日本の展開する商業施設「mAAch ecute」の中にあるとのこと。位置的には御茶ノ水駅と秋葉原駅の中間くらいにあります。

御茶ノ水駅を出て淡路坂を秋葉原方面へ下っていきます。

途中に昌平橋がありますが、実はここにも万世橋駅工事中の仮駅として建設された昌平橋駅という駅があったそう。このレンガのアーチに面影を残しています。

昌平橋駅があった辺り

神田川側

昌平橋

昌平橋の交差点を越えると、また同じようにレンガ作りのアーチが続きます。

しばらくするとそのアーチの下にいくつか飲食店が見えてきます。ここがもうすでにmAAch ecuteです。

mAAch ecuteには飲食店の他に展望台や博物館などが設置されています。

早速中に入ってみます。

中には当時の駅舎で使われていた資料がいくつか展示されていました。

当時の駅貼りポスター

ホームへ続く階段

プラットホーム上屋基礎

駅名標は当時のものではなさそう

階段を上り先へ向かうと、目的のお店があらわれます。

レストラン プラチナフィッシュ

階段を登ったここは、まさに駅のホームのあった場所に建っているお店です。

内装はこんな感じ。

そして……中央線がすぐ横を通過していきます!

確かに、世界一電車に近いレストランかもしれません。鉄道好きの皆さんはすでにもう来ているという方も多いと思いますし、鉄道に興味のない方でもすぐ横を電車が走り抜けていく感じは新鮮なのではないかと思います。

ランチは「佐助豚の他人丼~岩手県産佐助豚ととろーり玉子のハーモニー~」を注文。絶妙なとろ玉具合でとても美味しかったです。


万世橋から旧万世橋駅。重厚ですね。

<店舗情報>
プラチナフィッシュ
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1丁目25番地42 マーチエキュート神田万世橋2F

Pocket