【8番札所】講師・安田としての活動も 

Pocket

こんにちは。托鉢僧・安田です。

サイファー・テックでは、本社である美波Lab(ラボ)を中心として、中学校へのIT授業や地元住民へのIT活用支援、全国の学生を集めてのインターン合宿など、地元企業として地域活動に積極的に取り組んでいます。

そんな中、この私も中学校でIT授業の講師を務めてまいりました。テーマは、「パワーポイントの効果的な使い方について」。具体的には、文化祭などで使うクイズを作る際に使えるようなパワーポイントの知識を教えてほしいとのことでした。

営業としてパワーポイントを使う機会も多く、また美波町で半年弱活動をしていたこともあり、今回私が講師として授業をさせていただくことになりました。

日和佐中学校正門 ←会場となる日和佐中学校正門

授業の内容としては、「パワーポイントとは?」という基本的な説明から始まり、パワーポイントの利用シーンやプレゼン時の注意点、アニメーションをはじめとした機能の説明などに時間の半分程度を費やしました。

パワポ講座

授業の後半は、実際に文化祭を想定してクイズの制作・発表をしてもらいました。パワーポイントの機能など、ごく短時間しか説明できなかったにも関わらず、授業の前半で学んだことを最大限活用して、皆さんオリジナリティあふれる作品を制作されていました。

今回授業をさせていただいた生徒さんは、徳島県海部郡内の中学校で生徒会に所属している生徒さん30名程度。皆さん本当に優秀で、授業が問題なく進んだのは生徒さんのおかげでもあると思っています。

さて、講師の私が言うのも変な話ですが、今回の授業を通して改めてプレゼンというものの難しさを実感しました。どういう資料を使ってどういう話をすれば相手に物事をわかりやすく伝えられるのか。営業の私としても学ぶことが多く、いい経験になりました。

後日、授業の感想を耳にする機会がありました。
講師・安田の授業は生徒さんには非常に好評だったようで、先生方にも感謝のお言葉をいただきましたが、こちらこそ感謝させていただきたい気持ちです。

資料作成をはじめとする授業の準備は非常に大変でしたが、生徒さんのためになる授業をさせていただいて嬉しく思っておりますし、私自身学ぶことの多かった貴重な機会となり、ありがたく思っています。

サイファー・テックと托鉢僧・安田は、このような地域活動を今後も続けてまいります。

<関連ページ>
イベントレポート「中学生を対象にしたパワーポイント講座を実施しました」

Pocket