【31番札所】「半X半IT」の実践2:仕事のかたわら農業を行う(2)

Pocket

こんにちは。托鉢僧・安田です。

前回の記事では、東京での美波Labスタイルの実践ということで、神楽坂オフィスで農業を始めました。実際のところはプランターによる家庭菜園なのですが、大きな括りで見ると立派な農業と言えるでしょう。

先月末に種まきをしてから2週間が経ちました。ここからは種(ラディッシュ)の発芽~間引き~本日までの様子をお伝えします。

<種まき直後>
null
種まき直後はプランターをキッチンに設置していましたが、日当たりや室温の関係で場所を窓際に移しています。

<育成3日目>
null
種をまいてから3日目に発芽しました。発芽適温が15~20℃ということでしたので夜の室温が心配でしたが、何とか芽を出しました。発芽後の生育適温は20℃前後。引き続き室温に注意が必要です。

<育成4日目>
null
4日目には何株かの発芽が見られました。ここから水やりは1週間に1回で、適当に追肥も行っています。

<育成7日目>
null
種をまいて一週間経つころにはもうこんな感じ。成長スピードの速さに驚きます。

<育成9日目>
null
だいぶ芽が伸びてきました。

<育成10日目>
null
ここで間引きを行いました。説明書によると、“本葉が1枚の頃3株に、本葉が3枚の頃1本立ちにします”とのことでしたが、明らかに本葉が2枚ついているのでタイミングとしては遅かったかもしれません。

null
間引き後。説明書通り3株へ間引きました。

<育成15日目>
null
本日の様子です。着実に葉は伸びています。
ラディッシュは和名で二十日大根と言い、夏など暖かい時期であれば20日程度で収穫できるそうですが、気温が低いと30日~50日以上かかることもあるそうです。この様子だと30日以上はかかるのではないかと思います。
農業初心者の托鉢僧ですので、ネット等で集めた情報をもとに育てていくしかありません。あとは、無事に立派な作物に育つよう念じるだけです。

null

引き続き、生育状況をレポートしていきます!

Pocket