【33番札所】仕事のかたわら農業を行う(2):ラディッシュの育成状況

Pocket

こんにちは。托鉢僧・安田です。

サイファー・テック本社である美波Labでの取り組みをお伝えするため、Labでのワークスタイルを東京で実践することを継続しています。今回は、11月30日に種まきをしたラディッシュの育成状況をお伝えします。

実際にLab社員がやっている「昼休みに畑の様子を見に行く」みたいなことを実践しようと、室内栽培用の作物を買ってきて育てているところです。ホームセンターに何種類かの室内栽培キットが販売されており、この中でも、初心者でも育てやすく、気温がある程度低くても問題なく育つとのことでラディッシュ(二十日大根)を選定しました。

null

しかし、昨年末あたりから急に成長がストップしてしまったように思います。また、茎がとても長くなってしまい、葉の重さで倒れてしまっているものも多くなっています。

null育成46日目の現在の様子

代表・吉田もこれにはダメ出し

すぐにネットで調べたところ、以下のような意見を見つけました。

“ラディッシュは初心者向けと言いながら、肝心なことが説明されていないことが多い”
“最も重要なのは「土寄せ」。葉の付け根が被るくらい寄せてやるのが望ましい”

栽培キットの説明書にはそんなことは一言も書かれていなく、確かに肝心なことが説明されていないような気がしてきました。ということで、茎の部分(若干赤くなっている部分です)を覆うように土寄せを行います。

null畝を作るようなイメージで土を盛る

土寄せするには土の総量が圧倒的に足りず若干不安が残りますが、当面はこれで様子を見ます。室温が低いと収穫まで2ヶ月かかることもあるということですので、諦めずにケアしていきます。

null
成長の見込めない株を追加で間引きました。
収穫までの間はこの葉っぱで飢えをしのぎます。

またの報告をお楽しみに!

Pocket