【35番札所】出勤前に登山を楽しむ

Pocket

こんばんは。托鉢僧・安田です。

サイファー・テック本社・美波Lab(みなみラボ)での取り組みをお伝えするため、Lab的ワークスタイルを東京で実践することを継続しています。今回は、出勤前に登山ができるのかどうか検証してみました。

美波Lab常駐社員の中に登山が趣味の人間はいなかったように思いますが、広報室の成田くんが割と登山好きで、四国最高峰の石鎚山などに登頂した経験もあるようです。今回の出勤前登山の舞台に選んだのは、都民を中心に人気の高い高尾山。新宿から電車で1時間程度というアクセスの良さに加え、これまた1時間程度で登頂することができる手軽さも魅力の一つです。

◇◇◇

AM4:30
7時に高尾山口駅に集合だったので、この時点で同行予定だった成田僧へ確認メッセージを送信。返信はなし。

AM6:00
高尾 登山
最寄り駅から新宿へ向かいます。この時点で再度メッセージを送信。返信なし。

AM6:15
京王線準特急高尾山口行きの車内。ここで返信あり。
「40分ほど遅れます!」
今起きたのでしょう。早起きで良かったです。

AM7:00
高尾 登山
高尾山口駅に到着(※写真は下山後)。ここが最もスタンダードなルートである1号路のスタート地点になります。この時間帯に登り始めている人もチラホラ見かけましたが、驚いたのがすでに山を降りて来る登山者も何人かいたことです(登頂後、7時にこの地点にいるには遅くとも5時半にはスタートしなければならないのですが……)。

成田僧は「ケーブルカーを使って追いかけます!」とのこと。

AM7:38
高尾 登山
高尾 登山
中腹にあるケーブルカー乗り場へ到着しました。朝日が眩しいです。

AM7:44
高尾 登山
高尾 登山
高尾 登山
高尾山薬王院に到着。サイファー・テックの修行僧として、きちんと情報安全祈願を行います。(※写真3枚目は下山時)

高尾 登山
薬王院を抜けると、山頂はもう目の前です。

AM8:04
高尾 登山
山頂。高尾山599m登頂です。7:11に登り始めたので、所要時間は1時間もかかっていない計算です。

AM8:30頃
成田僧が到着。何枚か写真を撮影後、すぐに下山を開始。

高尾 登山
山伏風のアングル

AM9:04
高尾 登山
下山。下りは、多分30分もかかっていないんじゃないかと思います。

AM9:15
高尾 登山
二人とも朝食をとっていなかったので、食事処を探すも軒並み「準備中」。ちなみに高尾山はとろろそばが有名です。

AM9:30
高尾 登山
高尾 登山
コンビニでそばを購入し、「高尾599ミュージアム」という博物館の前にあるベンチで食します。

と、ここでミュージアムの職員の方に声を掛けていただき、寒いからと館内のイートインスペースを使わせていただけることになりました。
ありがとうございました。本当に助かりました。

高尾 登山

AM10:01
京王線特急に乗って、新宿へ向かいます。

AM10:51
新宿駅に到着。

AM11:00過ぎ
出社。結局、神楽坂のオフィスへ到着したのは、11時を少し過ぎた頃でした。

◇◇◇

初めてのエクストリーム出社(*1)でしたが、特に大きな問題もなく実行できました。予定表に11時出社と記載しておいたので、「定刻までに出社」というのもクリアできたと自分の中では思っています。なお、日本エクストリーム出社協会によると、登山はごく一般的なアクティビティに挙げられていて、高尾山も非常にポピュラーなエクストリーム出社ポイントのようです。

(*1)エクストリーム出社とは、早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツ。(出典:Wikipedia)

しかし、あくまで伝えたいのは美波Labを中心にサイファー・テックが実践しているワークスタイル。海・山・川がオフィスに隣接している美波Labでは、出勤前の登山は特別エクストリームというわけではありません。このようなワークスタイルに興味がある方は、こちらを御覧ください。

また、次回お会いしましょう!

Pocket