サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2009.9.1[ 第41回 ]
元気になるテレビ

政権交代が現実になりました。
勝利した民主党の皆さんにはしっかりとその重責を担って欲しいと思います。自民党の皆さんには、長らく日本の政権を担ってきたという本当のプライドを発揮して頂きたいと思います。誰の政権になろうとも、私たちはよい社会になるために私たちができることを変わらず続けていきますから。
さて、政治・政局のお話は私が語らずとも良いでしょうからここまでにして、別のお話を。
先日、仕事で懇意にしていただいているMさんと、ゴルフをご一緒する機会を得ました。プレーそのものの楽しさもありますが、同行者と長時間ご一緒できるという事もゴルフの良いところだと思います。
Mさんとはゴルフ場までの往復の車をご一緒させていただいたのですが、彼の夢を伺ってとても嬉しくなりました。私よりもご年配でビジネスの面でも尊敬している方が、嬉しそうに話すのを見て、ますます嬉しくなりました。
『僕は将来放送局を立ち上げたいと思っている。事件や嫌なニュースばかりを流す番組は他局に任せて、明るくほのぼのしたニュースを見つけて流す放送局にしたい。特に朝の番組では「今日も1日、何か良いことがあるんじゃないか?」と思えるような明るい話題を提供したい。』
とても素敵な放送局ですね。昔あった番組みたいですけど「元気になるテレビ」というところでしょうか?
私たちひとりひとりが前向きで明るい気持ちを持って生きていけば、きっとこの世はまだまだ良くなりますよね。
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回