第274回 巻き込まれ型人間

第274回 巻き込まれ型人間

“田舎に会社を移す” そんな当社の取り組みがベースになった映画「波乗りオフィスへようこそ」。 無名男の映画にも関わらず、映画受難?と言われる時代に…
第273回 関係性

第273回 関係性

例えば、川の源流部の変化は海に。 田舎暮らしの有り難さのひとつが、自然界も人がつくった社会も、全ては複雑に絡み合い、関係し合い、互いに影響し合…
第272回 頭の中はなくならない

第272回 頭の中はなくならない

大切な友人の選挙に居ても立っても居られず、週末を利用して九州の田舎町に応援に来ました。乞われるままに、人生初の応援演説をしました。 その地に選…
第271回 次代を創る

第271回 次代を創る

“令和” 新元号が決まりました。 “令和” 自然と和を愛でる良き言葉だと思います。 “令和” 名を付けてくださった人たちは良き世になることを願って選び、…
第270回 乞食

第270回 乞食

単なるケチか?想像力の絶対的な不足か? 例えばデザイン 例えばアイデア 例えばノウハウ 一見、原価がかかっていないように見えるものに対して、お金を…
第269回 目指すもの

第269回 目指すもの

サイファー・テックの取り組みがモデルになった映画「波乗りオフィスへようこそ」。 4月の劇場公開に向けて、都内にて試写会が開催されました。 急遽舞…
第266回 炎の力

第266回 炎の力

四国とは言え極寒の1月、息子を人生初のキャンプに連れ出しました。 男二人、山奥の小さな川の畔で一夜を過ごしました。 男性特有なのかしら?女性にも…
第265回  雑多

第265回 雑多

友人の誘いで、この年末年始は香港で迎えました。 20数年ぶりの香港は、変化はあっても、変わらず雑多。 町ゆく人も人種も多様にして雑多。 最新のビル…
第264回 自分色を透明に

第264回 自分色を透明に

書き始めて11年。このコラムをさらに1年積み上げることができました。 「波乗りオフィスへようこそ」。そんな映画の主人公のモデルになったり、自著出版…
第263回 平成末の志士

第263回 平成末の志士

47才になりました。 「我が子が大人になった時、素直に子どもを持ちたいと思える日本を残したい。残すのはお金でも不動産でもなく、そんな国や地域や社…