個人情報を含む社内報の漏えい対策に「CypherGuard PDF」を導入
個人情報、人事情報などが含まれる社内報データの外部流出を防ぐ「CypherGuard PDF」

以前は紙ベースで発行・配布していた社内報も時代に合わせてデジタル化されていましたが、外部漏えいが発覚しました。 人事関連の情報や社内行事での関係者の写真など個人情報が含まれるため再発防止のための対策が必要となっていました。
OA機器の設定を行う業務ソフトの外部流出対策に「AppRights」を導入
関係者限定利用の業務ソフトの外部流出対策にソフトウェアのライセンス認証を可能にする
「AppRights」を採用


OA機器の内部もソフトウェアで制御する現在、この設定の変更が可能な業務ソフトの悪用は大きな問題を引き起こすリスクがあります。
このため、業務ソフトはライバル企業への流出はもとより、コンシューマ(OA機器利用者)への流出を避ける必要がありました。
精密機器の保守業務マニュアルの漏えい対策に「CypherGuard PDF」を導入
国内外の担当者に共有する精密機器の保守業務マニュアルファイルの外部漏えいを防ぐ「CypherGuard PDF」

製品のバージョンアップ頻度が高まる中、情報共有のスピードアップとコスト削減を目的に、以前は紙ベースで配布していた保守業務マニュアルの電子化を推進。課題となったのは企業知財とも言える情報のライバル企業やインターネットへの漏えいというデジタルデータ特有のリスクでした。
金型図面データの漏えい対策に「CypherGuard PDF」を導入
顧客の重要資産である金型図面データの漏えい対策に「CypherGuard PDF」を導入

大手機械メーカー向けの部品金属加工業務において社内流通する顧客の金型図面データは大切な情報資産です。製造部門の海外移転に伴い、設計部門と製造部門間の国境を越えたデジタルデータやりとりが増え、漏えいリスクへの懸念が高まっていました。
調理法動画マニュアルの漏えい対策に「CypherGuard Player」が活躍
人気メニューの調理方法をスタッフに指導する動画マニュアルデータの外部漏えいから守る「CypherGuard Player」

飲食店を他店舗展開するこのお客様は、各店舗への調理法の伝達手段にノートパソコンと映像データの活用をスタートさせましたが、人気店を支えるオリジナルレシピの漏えいは競争が激しい飲食業界でのリスクと感じるようになっていきました。
海外製造ライン従事者への教育用教材の保護にCypherGuardを導入
海外製造ライン従事者にものづくりのノウハウを伝える社内教育用教材の保護でCypherGuardが活躍

自動車業界などに素材製品を製造販売するこのお客様は、世界各国に製造工場を展開していますが、雇用の流動性が比較的高い海外では転職に伴う企業ノウハウの漏えいリスクが高く、企業ノウハウを満載した教材データの漏えい対策の必要性がありました。
USBドングルに替わるソフトの不正コピー対策に「AppRights」を導入
USBドングルに替わるグラフィック編集ソフトの不正コピー対策に「AppRights」を採用
煩雑な運用を改善


グラフィック編集ソフトの不正コピー対策として採用していたUSBドングル。物理的な鍵の破損・紛失トラブルに伴う業務の煩雑化、そしてUSBポートの利用制限など、顧客企業のPC環境の変化による見直しを迫られていました。