for formatfor PDF

for OSfor Windows / Mac / Android / iOS

PDFデータを強固なセキュリティーでガードします。

アドビシステムズにより策定・公開されたPDF(Portable Document Format)は、印刷精度の高さや優れた汎用性により、文書データの配布フォーマットとして普及し、現在は国際標準化機構により標準化されるに至っています。
また、画像や動画、音声データを始めとしたマルチメディアデータも扱えることから電子コミックをはじめとしたデジタルコンテンツフォーマットとしての活用も広まっています。
CypherGuard PDFは、このPDFファイルに対して[暗号利用技術][ライセンス管理機能][キャプチャ防止]を駆使した高度な著作権保護・情報漏えい対策を可能にするASPサービスです。

for formatfor PDF

for OSfor Windows / Mac

社内向けPDF文書を社外にて閲覧することを防止する文書保護サービス。

「CypherGuard 社外秘 PDF」は、国産・独自開発で多くのDRMサービスを手がけてきたサイファー・テックが培った高度な著作権管理技術を応用し、強固なセキュリティレベルはそのままに、企業における社外秘のPDF文書保護にあたり簡便な運用を実現。
事業所等のIPアドレスを閲覧認証に活用することで文書閲覧を社内ネットワーク環境に限定し、社外からの閲覧を防止できます。

for formatfor PDF

for OSfor Windows / Mac

配布した文書を遠隔制御で閲覧禁止にできるクラウド型文書漏えい防止サービス。

「CypherGuard Leash」は社内文書の漏えい防止はもちろんのこと、退職後や契約終了後には文書が見られなくなるよう「遠隔制御」で以後の閲覧を禁止できるクラウド型文書漏えい防止サービスです。
大手精密機器メーカーや公共インフラ企業などの情報漏えい防止対策として採用実績がある当社独自開発のDRM技術「CypherGuard」を基盤としており、「文書データの暗号化」「ネットワーク認証による利用者確認」「複製を防止する画面キャプチャ防止」などで社内文書の漏えいを未然に防ぐことができます。これに加えて 「CypherGuard Leash」では、いったん配布した文書についても後から「遠隔制御」で閲覧禁止の状態に戻せます。これによって、社内文書を安心して共有できるようになり、その利活用を促進できます。
このように強固なセキュリティと社内文書の積極的な利活用を両立できる高度なシステムである一方、「CypherGuard Leash」は完全なクラウド型サービスであり、社内にサーバを設置する必要はありません。

for formatfor WMA / WMV / MP3 / MP4 など

for OSfor Windows

映像・音楽コンテンツを強固なセキュリティーでガードします。

MP3やWMVなどの音声・動画フォーマットは、音楽配信やビデオや映画などの映像コンテンツ配信、教育シーンでの活用はもとより、効果的かつ効率的な情報伝達手段として企業内での利活用も広がっています。
価値ある音声・動画コンテンツの安全な配布・販売を可能にするDRM-ASPサービス「CypherGuard Player」。強固なセキュリティ性能に加え1泊2日(48時間)レンタルなどを可能にする[ライセンス管理機能]によりお客様のビジネスを広げます。

for formatfor EPUB / PDF / 画像 など

for OSask us

電子書籍で使用されている多くのファイル形式とデバイスに対応。

本格的な普及期を迎える電子書籍配信ビジネスにおける配信側の課題のひとつは、著作権者が求める著作権保護性能とユーザビリティとの両立です。
乱立する複数の電子書籍フォーマットとますます多様化が進むユーザプラットフォームへの対応を可能にするマルチプラットフォーム・マルチフォーマット対応DRM「CypherGuard」を内包した電子書籍ビューアアプリケーションサービス「CypherGuard eBook」。お客様の要望に応じた電子書籍ソリューションをご提供いたします。

for formatfor Applications

for OSfor Windows / Mac

不正コピーを抑制し、価値あるソフトウェアの適正な流通を支援します。

ゲームやユーティリティ、ビジネスソフト。デジタルコンテンツの中でも比較的高額で販売されるソフトウェアは違法コピーによる損失は無視できない規模になります。BSA発表の調査レポートでも2011年時点で国内のコンピュータ利用者の39%が違法コピーソフトを入手していると報告されています。
また、ソフトウェアの不正コピーによる被害は有償販売ソフトに限らず、企業や組織内部で利用する専用業務ソフトウェアの外部漏えいは企業ノウハウや知財の流出に他なりません。
ソフトウェアへのライセンス認証を可能にする「AppRights(アプライツ)」は、ソフトウェアのライセンス認証(アクティベーション)機能を提供するPCソフトウェア専用の著作権保護サービスです。違法コピーや不正利用によるリスクを極小化し、期間販売などの新たな販売手法の実現もサポートします。
導入事例

for formatfor All

for OSfor Windows / Mac / Android / iOS

信頼のセキュリティー技術を組み込み可能な開発キット。

様々なシーンでセキュリティへの配慮が求められる昨今、独自のシステムやアプリケーションへもDRM/情報漏えい対策機能が必要となるケースが増えています。
CypherGuard SDK(Software Development Kit)は、DRM/情報漏えい対策に必要な「データの暗号化」「利用権限(ライセンス)管理」「キャプチャ防止」などの機能を持ったコンポーネント群。DRM技術を活用した製品開発やビジネス構築を実現したいと望んでいるお客様向けに、これまでにサイファー・テックで培ったDRM技術を、短期間・低コストで活用できるよう、豊富なAPIをソフトウェア開発キット(SDK)の形態で提供します。
Windows向け、Mac向け、iOS向け、Android向け。主要4 OSに対応したSDKを、ソフトウェア開発者が組み込むことで、高度なDRM/情報漏えい対策機能を有するソフトウェアやソリューションを構築することが可能になります。