CypherGuard

■ 情報管理・活用にセキュリティという戦略をお持ちですか?

誰にでも「隠しておきたいもの」「知られたくないもの」「大切にしたいもの」の存在があります。それは、コンピュータの発達やインターネットの普及により情報やコンテンツの多くがデジタル化し流通するようになった現在でも、変わらない本質です。

デジタル化やネット社会化が生み出した光の部分は私たちの生活を快適にしてきました。しかしその一方で弊害も増えています。例えば、才能と努力の結果うみだした音楽、動画、イラストなどの著作物が簡単に複製され、本来得られるはずの経済的利益を喪失する著作権侵害。また、ネット上にアップロードした画像が許可なく改変されたり悪用されたりする肖像権侵害。企業として多大な投資をした研究結果やノウハウ、顧客情報が不正に利用されるケース。住所や連絡先にまで至る個人情報が不特定多数に漏えいし、不安とリスクにさらされる個人情報流出。

“守るべきものをしっかり守る”戦略とその手法を手に入れることで、デジタル化やネット社会化のメリットを最大限に活かことが可能になります。