DRM

DRMはDigital Rights Management(デジタル著作権管理)の頭文字をとったもので、音楽・動画・画像などのデジタルコンテンツに対し、暗号化などを施して違法コピーや流出を防ぎ、正規流通を促進させる枠組み、およびそれに利用されるテクノロジのことを指します。

DRMと言うと不正防止技術がクローズアップされがちですが、適切なコンテンツ流通が実現することで、コンテンツの価格が下がり、デジタルコンテンツの流通に携わる著作権者、流通事業者、購入者のすべてがそのメリットを享受できるような仕組みを構築することを目的としています。

インターネットが普及し、ADSLや光ファイバなどのブロードバンド化が進む中で、インターネット上でのコンテンツ流通が本格的に展開し始めてきました。この流れの中で、著作権者の権利保護をどのように確保するかという問題がでてきました。

デジタルコンテンツはこれまでのアナログコンテンツと異なり、劣化のない複製ができるうえ、配布が容易なこともあり、著作権者が関与しないところで著作物が流通してしまう危険性がでてきています。このため市場価値が下落し、著作権者が本来享受すべき利益を確保できなくなる恐れが出てきました。
そのため、著作物に技術的な仕掛けを施すことでコンテンツ流出のリスクを抑え、ユーザが対価を支払うことで著作権者の代価の保証を確保し、健全なコンテンツ流通の市場を作ることが重要となります。

また、DRMの特徴として、これまで利用されてきたコピープロテクト(コピーの一切の禁止)だけでなく、柔軟なコピーコントロールができることが挙げられます。例えば、複製回数の制限、ユーザ認証による再生の制限、再生期限付きなどといったことが可能となっています。

情報漏えい防止の重要性が増してきている最近では、企業情報の漏えいを防ぐ技術としてDRMが利用されるようにもなってきました。ノートPCの紛失、USBを利用してのファイル持ち出しなどで重要データが流出しても、DRMのテクノロジを利用して、閲覧できるPCを限定したり、閲覧できる人を制限したりすることが可能となっているからです。