サイファー・テック代表取締役 吉田基晴のコラムです。
2018.12.3[ 第263回 ]
平成末の志士

47才になりました。
「我が子が大人になった時、素直に子どもを持ちたいと思える日本を残したい。残すのはお金でも不動産でもなく、そんな国や地域や社会。」
照れずに、わりと真剣にそう思っています。
東京から過疎の進んだ田舎町に子どもを移住させたゆえか、その責務を強く感じられるようになりました。
そう思わせてくれた田舎に感謝さえしています。
時間、そして自分自身。限りあるリソースを何に使い、何を成すことが良い国を残すことに繋がるのか?
実に難しい問いでございます。
けれども、仕事も仕事以外も、そんな思いでやっております。
「まだ若いのにそんなこと考えてるんですね。」
「ビジネスマンなのにいろいろ考えるんですね。」
どういう意図の言葉なのでしょうか?
そんなことを言われることもあります。
似てると言われる「西郷どん」のドラマもいよいよ大詰め。
あの時代、国事に奔走した憂国の志士は驚くほど若者ばかり。
平成末のおっさん西郷どん、この1年も志士気取りで生きていこうと思っています。
■ 第251回〜第300回
■ 第201回〜第250回
■ 第151回〜第200回
■ 第101回〜第150回
■ 第51回〜第100回
■ 第1回〜第50回